令和2年度第2回運行管理者試験。

本日もお越しいただき、ありがとうございます。

令和3年4月6日。

令和2年度第2回運行管理者試験の合格発表が行われました。

詳しくは下記からお願いします。

https://www.unkan.or.jp/after/

今回から実施されたCBT試験の問題は発表されないそうです。

試験の実施状況です。

貨物

受験者数   32.575人

合格者数   14.295人

合格率    43.9

旅客

受験者数   7.610人

合格者数   3.604人

合格率    47.4

合格された方。

心よりお祝いを申し上げます。

日々お忙しい中、勉強することの苦労は私自身も待機時間等に勉強して受かりましたので、苦労はよく分かります。

これから管理者として活躍される方もいらっしゃると思います。

今回学んだ知識を発揮して、安全運行に役立てていただけたら幸いです。

残念な結果に終わってしまった方。

日々の仕事に追われ、コロナ禍で落ち着かない日々の中、本当にお疲れ様でございました。

運行管理者試験は絶対評価ですので、基準点さえ越えれば必ず合格できる試験です。

次の試験は、例年ですと8月第4週の日曜日に行われます。

是非とも諦めずに受験されてはと思っております。

私がお世話になっている『一般社団法人 物流法務総合研究所』では基礎講習の実施機関になっております。

現役の運送業専門行政書士の先生方が講師を務めており、現場を知り、各法に詳しいベテランの先生揃いです。

是非今後受けてみようと思っている方は利用していただければと思います。

LLCA  一般社団法人 物流法務総合研究所

https://llca.jp/%E9%81%8B%E8%A1%8C%E7%AE%A1%E7%90%86%E8%80%85%E6%8C%87%E5%B0%8E%E8%AC%9B%E7%BF%92/

土日を絡めた日程になっておりますので、比較的受けやすいと思います。

一度覗いてみていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

\ Follow me/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

運行記録計。